相続の準備

>相続の基礎知識 相続に関連した一般的に知っておくべきことについて、内容や段階別に解説しています。

相続対策の優先順位としては、

  1. 揉めないこと
  2. 相続税の納税資金の確保
  3. 節税対策

の順番で考えることをご提案しております。
また、相続対策を生前に行わなかったり、対策が遅れたことで、相続人間で争うことになったり、相続税の納税が多額になるケースも見受けられます。
相続対策に早過ぎるということはありません。是非お早めにご相談いただければと思います。

相続発生前の3つの対策

▼ 対策1

遺言・成年後見人制度・信託制度の活用

▼ 対策2

相続税試算

▼ 対策3

節税対策

遺言

相続が発生すると、相続人全員の意見を一致させて手続きを進めなければいけません。 遺言書を残せば、相続人間の遺産争いの防止、相続手続きの負担軽減、資産の分配方法の 指定など、様々なメリットがあります。 遺言について詳しく知りたい方はこちら

成年後見人制度・信託制度の活用

成年後見人制度や信託制度(家族信託)は、認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人を保護することができる制度です。判断能力が不十分と判断されれば、財産の管理・処分など様々な契約行為をすることが難しくなります。そのような事態を想定し、事前に可能な対策をご提案いたします。

相続税試算

相続対策は、まず現状を把握することから始まります。相続人の把握や相続財産の把握・評価をし、また相続税を軽減するための各種特例の適用可能性を検討します。これに基づき、将来発生する相続税を試算します。

節税対策

相続税の節税対策としては、大きく分けて次の3通りの方法があります。

  1. 財産を減らす「生前贈与」

    通常の贈与税の非課税は年間110万円です。
    年間110万円を超えてる贈与であっても、将来の相続税率より低い税率で抑えられる場合には、贈与税を払ってでも生前贈与をすることは有効です。
    その他にも贈与には各種特例がありますので、お客様の状況に応じて最適な方法をご提案いたします。

    • 相続時精算課税
    • 贈与税の配偶者控除
    • 住宅取得資金の贈与
    • 教育資金の贈与
    • 結婚・子育て資金の贈与
  2. 財産の評価額を下げる

    相続税法では各遺産の評価方法が細かく定められていますが、同じ土地でも自分で使っているか貸しているかで大きく評価額が異なりますので、遺産の中身を吟味して評価額を減少させる手立てを打つことも有効な対策です。 評価額を減少させる方法はさまざまな方法がありますので、お気軽にご相談ください。

  3. 各種特例の活用

    相続税法では、税金を安くできる特例が数多く存在します。お客様の状況にあった手法を検討しご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

遺贈サポート協会へのお問い合わせはこちら

日本遺贈サポート協会

遺言による寄付(遺贈)、相続財産の寄付、信託による寄付、の3つを総称して「遺贈寄付」といいます。
「遺贈寄付」について正しい知識と理解を広めることで、財産贈与の新たな手段を広く普及することにより、明るく健康で笑顔の絶えない社会の実現に貢献します。

NPO法人 日本遺贈サポート協会
〒253-0071 茅ヶ崎市萩園1642-2 (MAP
TEL・FAX: 0467-38-7222
MAIL:support@izo-sp.com
遺贈寄付について相談したい方は
こちらをクリックしてご相談ください。